お金がない

お金がない。最低限度の生活とはなんでしょう?

投稿日:

筆者は軽度の障害者です。50代です。1人ぐらしです。

収入源は、障害年金と、障害者の就労施設の工賃です。

月に約12万円ほどです。

お金があるかと言われれば、ありません。

すると、節約は、必須条件になってきます。

で、節約というと、自炊という声が聞こえてきそうですが、本当にそうでしょうか?

コンビニの400円の弁当を、あなたは400円で再現できますか?

電気代、水道代、ガス代、調味料代まで精密に考えていくと、コンビニの弁当と同じようないろどりにするには、500円から600円はかかります。

この200円前後の差額が365日、3食のしかかるとすれば、あなたはどうしますか?

実際問題、料理を覚える必要があるとか、自宅が農家だとかの場合を除けば、1人暮らしの場合、コンビニを主力にしたほうが、経済的だし、カロリーオーバーによる肥満も抑えられます(カロリーがフタに書いてあるので)

話は変わりますが、人間、仕事と寝る時間だけでは、上手く生きていけません。

趣味も必要ですし、家財道具や衣服の更新も必要です。

趣味の話をすれば、釣りなら釣り竿に凝りたいし、ゴルフならクラブに凝りたいもっと手軽に言えば、音楽が好きなら、いつも新曲を聞いていたいという人もいるでしょう。

マンガが好きなら、新刊が出たら読みたいでしょう。

月収12万円で、趣味の道具を頻繁に取り替えたり、新刊や新曲出る度に集められたりはしません。

でも、今はネットの時代です。中古になった道具を物色するとか、中古になったらマンガを買うとか、急がなければ可能になることは出てきます。何かを引き換えにすれば、可能になることは出てきます。

筆者はここ数年、節約のため、大好きな映画館に行くのを止めました(年間30本近く見ていました)

その代わり、レンタル開始と同時に解禁になるネット配信で、こまめに映画を見ています。

公開直後に映画の話をすることは出来ませんが、ネット配信を中心にすると、交通費+映画代+飲食代が、総額400円で映画が見られるのです。

趣味の道具も、ネットでの調査をくり返し、長く使えるものを選べば、トータルで経済的です。

筆者は楽器が好きなのですが、置くスペースも限られ、経済的にも苦しいので、ネットで信頼できる楽器店から、ボディの状態の良い、20年くらい前に作られた楽器を買って(2万円くらい)自分の好みの音色になるように電気系統を総入れ替えしました(改造費6万円くらい)

トータルの出費は新品の普通の楽器が買えるくらいになりましたが、出てくる音色が唯一無二なので、改造以来5年以上経ちますが、楽器がほしいという気にはなっていません。

ローンを組んで10数万円の新品を買っても、私の改造した楽器のほうが、私好みの音色が出るからです

電化製品もそうです。

高機能や新機能を求めなければ、そこそこ良い性能の電化製品が1万円近くで買えるのが今の世の中です。

電化製品を修理するくらいなら、シンプルな機能の新品を買ったほうが合理的です。

なので筆者の周りにある電化製品は、みんなシンプル機能しかついていなくて、扇風機、シェーバー、外付けハードディスク、みな数千円です。

これらも故障での数年おきの買い替えとなれば、それほど経済的負担にはなりません。

筆者は限られた収入ですが、その中で先々を見て何が損かを考えます。今日の出費ではなく、月単位、年単位考えます。

すると、月収12万円でも、好きなものを食べられるし、好きな趣味もできるし、必要な家財道具も持てます。

これが筆者の節約術です。

-お金がない

Copyright© お金がない現実と向き合おう , 2018 AllRights Reserved.