お金がない

《給料が欲しい!けど増えないを自分で解決》

投稿日:

一人暮らしであろうが、家庭があろうが、たいていの悩みはお金だと思います。私も実際独身の時も家庭を持った時も、月に後5万円多く入ってきたらなと思っていました。

給料は転職したり、長い間属する事で上がりました。昔抱いていた願望の金額に達しても更に5万円を欲しいと思っていました。

<嘆いていても始まらない。>

バイトの頃より給料の交渉は時折していました。話易い環境と給料を自在に決める事が出来るバイトを選んでいました。

チェーン店等では階級等が詳細に決められており、店長の一存ではなかなか個人に給料アップする事が出来ません。そこで私が働く店は個人経営の店に絞りました。中には雇われ店長もいます。そうではなく、オーナー店長の店を選ぶのです。

面接の話口調でだいたいピンときます。

その後は働き、頃合いを見計らって「店長、後次はどんな仕事を出来る様になれば自給は上がりますか?」と声を掛けます。

するとよっぽど仕事が出来ないかケチ以外は「じゃあ上げようか。」となります。

勿論仕事が最低限出来ている必要があります。又、上げてくれなくても時給が上がる為の仕事の内容を教えてくれるのでそこにポイントを絞って頑張ればいいのです。

これで私は研修期間は時給900円、通常1000円から始まり1年以内の時給1400円になりました。他にも正社員でも試しましたが、月の給料4万円程上がりました。

何度も言いますが、客観的に見ても出来ている!と言うレベルに早く持ち上げる事です。

<仕事を増やす。>

それが叶わない場合には、仕事を増やすしかありません。一番効率的なのは、拘束時間を増やさないで給料をアップする事ですが、毎回その様に達成できる訳ではありません。

そこで、結局は自分で働くしかないのです。

週休二日の私は一日アルバイトを入れました。知り合いからの頼みだったと言う事もあり、資格もあるので時給2000円です。割りの良い仕事だと思っています。後一日は家族の為に何も予定を入れていません。

<働き過ぎるとお金の為に生きているの?と思ってきたら>

ママであろうと独り者であろうと、お金の為に働いていると何の為に生きているのか分からなくなります。

本当ならば、給料を増やしてほしいと考える前にお金とは何かを考え、自分なりの価値観を持ておく必要があります。そうしないと、希望通りの額面になってもまだもっと!と欲は止まりません。

どれくらいを何故ほしいのか、お金とは一体何なのかと言う事を考える時間を持つ必要があります。

ある程度、自分なりのブレない考えがそろったら、お金を運用する事も視野に入ります。

汗水垂らして働こうが、マウスをクリックして株やFX、不動産等で儲けようがお金は同じお金です。

目的が老後の資金や海外旅行の為のお金ならば、遜色違わないのです。そうなった時に勉強しないといけないのは投資、運用とは何ぞや、どんなものがありどんなリスクなるのかなどと言う事です。

投資の場合には実際にお金が入ってくるまでに勉強の方に多く時間を取られてしまいます。

それでも、お金を増やしたいと考えるなら術の一つです。

<まとめ>

実は、お金は欲しいと思った金額を手に入れてもまたもっと欲しいと思える魔法の願望なのです。それでは常にお金に振り回される事になります。

実際は働く前にお金とは何かをしっかり考えて、そこまで働くほどお金が必要なのかと自問自答する時間は大切です。

その上で行動すれば、友人と遊ぶ時間や子供と過ごす時間を犠牲にするのかどうかの指標になります。

そしてお金の為に働いていても、その働いている内容は今後必ず役に立つでしょう。人生を豊かに過ごす為にも色んな経験はその人の礎になる事でしょう。

-お金がない

Copyright© お金がない現実と向き合おう , 2018 AllRights Reserved.